検索

メディシロン社の動物モデルについて

Pharmacology animal evaluation model of Medicilon

革新的な新薬の開発には動物による薬剤評価が欠かせません。メディシロン社では、有用かつ安定した動物モデルを多数有しています。例えば、精神神経系疾患領域では、抗うつ薬、抗アルツハイマー薬、鎮静・催眠・抗不安薬、鎮痛薬、抗けいれん薬、抗パーキンソン薬、抗精神病薬のモデルを確立しています。


また、炎症・免疫疾患領域では、免疫性関節炎、乾癬、アトピー性皮膚炎、潰瘍性大腸炎、及び様々な急性・慢性炎症性疾患のモデルを有しています。JAK/STAT経路、IL-23経路等、特定の炎症経路に対する免疫標的に焦点を当てた新薬開発についても、安定した評価法をご提供可能です。


代謝性疾患領域では、NAFLDについて、数十種類の安定な動物モデルを有しており、例えば、複合因子法誘導ラット肝線維化モデル、ConA誘導マウス肝線維化モデル、ブタ血清誘導免疫ラット肝線維化モデル等のNAFLD線維化ステージの有効な評価モデルがあります。


他にも革新的新薬開発に有用な多数の動物モデルを有しており、是非、リンクをご参照ください。

                                               Link                                                                                 

4回の閲覧

関連記事

すべて表示