バキュロウイルス発現系

 1リコンビナントバクミドDNAの生成

 2リコンビナントバキュロウイルスの作製

 3バキュロウイルスの滴定

 4タンパク質発現の検証と最適化

 5昆虫細胞におけるリコンビナントタンパク質の小規模発現と精製

 6昆虫細胞におけるリコンビナントタンパク質のスケールアップ発現と精製

​ステップ

項目

タイムライン

コメント

1

リコンビナントBacmid DNAの生成

3週間

異なるアフィニティータグ:GSTタグ、Hisタグ、Flagタグ…..

2

リコンビナントバキュロウイルスの調製

2週間

3

バキュロウイルスの滴定

2〜3日

定量的PCRまたはgp64抗体をベース

4

タンパク質発現の検証と最適化

2週間

MOI、PI、または異なる細胞株

5

小規模発現および精製

2〜4週間

500ml -2Lフラスコでの発現

6

フラスコまたは発酵槽での発現および精製のスケールアップ

TBD

培養

備考:当事業は、お客様のご要望を満たすため、非常に柔軟に対応しています。 1つまたは複数の上記のステップを別々にご提供することが可能です。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-20-3 西新宿高木ビル8F

​(リサーチコーディネート株式会社内)

Tel, 03-6890-3389  Fax, 03-6323-3019

contact@research-coordinate.co.jp