構造生物学部門では、新規分子標的の決定から最終構造まで、構造に基づいた創薬をサポートする事業をご提供しています。当社のプラットホームは、中国で最も早く確立された構造生物学プラットホームの1つであり、上海政府より証明されています。

 

計算生物学&分子モデリング
  • 構造に基づくドラッグデザイン(SBDD)

  • 新薬デザイン

  • 仮想ドラッグスクリーニング

  • 定量的構造活性相関(QSAR)

  • ADMETプロパティの最適化

 

フラグメントベースの創薬(FBDD)事業

 1創薬化学者によってデザインされた社内フラグメントライブラリ

 2分子モデリングを用いたターゲット知識に関する、注目ライブラリの構築

 3主にX線技術を用いた画面の断片

 4結晶構造に基づく新しい足場の設計

 

分子間力の検出/決定(ビアコアに基づく)
  • 抗体スクリーニング

  • 化学薬品、小分子薬品および自然医学スクリーニング

  • 抗体の特性化

  • 化学薬品、小分子薬品および自然医学の特性化

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-20-3 西新宿高木ビル8F

​(リサーチコーディネート株式会社内)

Tel, 03-6890-3389  Fax, 03-6323-3019

contact@research-coordinate.co.jp